@JOJO一年分のネタ総まとめ!! 『ジョジョの奇妙な出来事 2004』

シェアする


@JOJO的一年総まとめ
『ジョジョの奇妙な出来事 2004』

荒木飛呂彦新連載、『スティール・ボール・ラン』!!

ジョジョの奇妙な冒険(パラレル)ワールドに突入した。そしてジョジョでなくなったっていう事でSBR(スティール・ボール・ラン) <飛呂彦>

2003年4月、6部最終回の巻末コメントでタイトルが明かされ、そして2004年1月、満を持して始まった、超待望の新連載『スティール・ボール・ラン』は、ジョジョ6部のラストを逆手に取った、新世界の西部開拓時代を舞台に繰り広げられる大レース漫画だったッ!! 
ツェペリ、ジョースター、ディオなどが登場しながら、”物語の大前提っていうだけで、それはストーリーとは関係がない”、”『ジョジョ』の延長線上にある新作”、その連載形式もかなり特殊で、ジャンプの連載では異例の「毎号31ページ」掲載と、描き貯めの為の長期休載を交互に行うというものだった。1話のボリュームが増え、読み応えは抜群。巻等カラーやセンターカラーが(結果的に)増えたのもウレシイ!

反面、あまりに不定期すぎる連載と、ジャンプ編集部の告知不足から、「いつの間にか始まって、いつの間にか終わっている」、「休載中ずっと読めないのは嫌」、「いつ再開なのか分からず不安」といったマイナス面も。10月の前後編以降、再開時期についての公式発表は、一切出されていない…。

2004年 『スティール・ボール・ラン』 掲載&コミックス発売履歴
01/19 週刊少年ジャンプ8号より、荒木飛呂彦最新作「スティール・ボール・ラン」が連載開始(#1~)
02/26 増刊誌「青マルジャンプ」に荒木飛呂彦インタビューが掲載。
”つまり『SBR』は『ジョジョ』の延長線上にある新作っていうことなんです。” / ”だいたい『ジョジョ』第9部くらいまではテーマを決めているんですよ。”
03/22 週刊少年ジャンプ17号をもってSBR連載休止(~#11)
※巻末の作者コメントで大まかな再開時期が告知。

SBR(スティール・ボール・ラン)は31(ページ)連載です。が、10週位ごとに休むことになりますのでよろしく。2S(セカンドステージ)再開は6月頃。<飛呂彦>

05/20 「SBR」コミックス1巻&2巻、同時発売(#1~#11収録)
※コミックス帯で”WJ29号(6/14発売)から連載再開”と告知。
06/14 週刊少年ジャンプ29号よりSBR連載再開(#12~)
08/23 ジャンプ39号をもって連載休止(~#21)
※欄外コメントで”次号は10月登場予定!!”と告知。
10/09 週刊少年ジャンプ46号に”特別前後編・前編”として掲載(#22)
10/18 週刊少年ジャンプ47号に”特別前後編・後編”として掲載(#23)
※再開時期についての告知は一切無し。
11/04 「SBR」コミックス3巻&4巻、同時発売(#12~#23収録)
※再開時期についての告知は一切無し。
集英社リミックス

コンビニ専売の廉価版コミックスシリーズ「集英社リミックス」。懐かしい作品が手ごろな価格で読めるのがウリで、逆にコミックスを既に持っている場合は、あまり興味の無いモノだった。しかし、2004年のリミックスは、荒木ファンにとって、『お楽しみがいっぱい』………。

リミックスの他にも、装丁が豪華な短編シリーズ愛蔵版『変人偏屈列伝』、幻の初期作品「アウトロー・マン」収録の愛蔵版『ゴージャス☆アイリン』、18巻と29巻は荒木先生の後書き付き文庫版「ジョジョ4部」シリーズ、表紙&挿絵が荒木先生のアレックスシリーズ第5作『スコルピア』など、SBR連載と合わせれば、ほぼ毎月荒木作品やイラストが出された1年だった。

ジョジョネタ、続々発覚!!

SBR連載を「祝福しろ(by アナスイ)」と言わんばかりに、他の漫画やゲーム、アニメなどで「ジョジョネタ」が発覚。まるで「スタンドがスタンド使いにしか見えない」ように、ジョジョマニアにしか分からない、ジョジョマニアにだけ伝わる形で仕込まれたネタに、ニヤリ!とさせられっぱなし。

#改めて、全てのタレコミに、ディ・モールト・グラッツェ! これらは全て、皆さんからの情報があったからこそ、知ることができたッ!!

朝目新聞 & 文芸ジャンキー・パラダイス

以前から数多くのジョジョネタで楽しませてくれた、ネタ絵師達の総本山的サイト『朝目新聞-asame.com』。2004年はSBR連載に呼応するように、想像をブッ飛び超えるガハハニョホなネタが連発され、必然的に当サイトで取り上げる「朝目新聞」発のネタも急増。うかうかしてると、@JOJOもいつの間にか「@ASAME」に…、なぁーんて冗談はヤバイ?ハハハ。

2003年「ジョジョ立ち」でネット内外を沸かせた『文芸ジャンキー・パラダイス』。カジポン氏の情熱はその後もとどまる所を知らず、国内外で体を張ってジョジョ愛を表現。また、”文芸ジャンキー”の名の通り、一味違った視点で、グッとくるイラスト特集などを企画。年末からは『ジョジョ名場面50選』も連続更新中。2005年も活躍を期待せずにはいられないッ!?

その他の出来事


こうして2004年は…………

ほとんどの人々にとって

いつもの年と同じように

あたり前に…

すぎていった

『2004年 完』


そして!

2005年に TO BE CONTINUED…!!

2004年は『@JOJO』をご愛顧いただき、誠にアリガトゴザイマーシタ! 「SBR連載」に始まり、たくさんの出来事があったが…、でも楽しい一年だったよ。みんながいたからこのサイトは楽しかった。2005年も、荒木ファンをニヤリ!とさせたり、ガハハニョホ!と笑わせられるサイトになるよう運営していきますので、コンゴトモヨロシク。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • シャトレーゼ紅威

    ディ・モールトお待たせしましたが、やっとマトメ完成。
    もう2005年に入ってしまったので、ホンノリ今更感が漂って
    きてますが、どうか気にしないで下さい。
    #来年…じゃなくて今年は、早めにマトメ書こう…(^^;)。
    2005年は、とにかく一日も早い「SBR」連載再開をッ!!
    音沙汰の無い「ジョジョ1部アニメ映画」の続報をッ!!
    あと、ジョジョ4部小説も今年こそ完成してくれッ!!

  • 「無敵鉄姫スピンちゃん」の「じじい」は
    スピードワゴン財団勤務経験があると思われるのですが、
    jojo単行本28巻(第3部)170Pから登場する
    (DIOの死体を回収したスピードワゴン財団第2号車
    に乗っている)左下の科学者の髪型がクリソツです。
    髪のトンガリ具合はまさに瓜二つ、
    絵柄・表情こそ違いますが、
    あれはたぶん同一人物なのではないかと思います。
    おそらく20年前の若いころの「じじい」に
    違いありません。