荒木飛呂彦先生直撃インタビュー&ルポ漫画掲載、「赤マルジャンプ2007 SUMMER」8月15日発売!

シェアする

――赤マルジャンプを読んで、これから作品を描こうという漫画家の卵たちに役立つ企画をやろう。ベテランの先生にインタビューなんてどうだ?

誰に聞きにいく?

――オリジナリティーという点で、他の追随を許さない荒木飛呂彦先生なら面白い話が聞けるんじゃ!?

では誰が聞きに行く?

――大亜門でいいんじゃね? ついでにルポ漫画でも描いてもらおうゼ!!

8月15日発売のジャンプ増刊号「赤マルジャンプ2007 SUMMER」(420円)は、「荒木飛呂彦先生直撃インタビュー こうして漫画を描いてきた」が2ページ掲載! 聞き手は荒木先生とヤバイ「2 SHOT」も撮れる仲の、大亜門先生! インタビューするハズがしょっぱなから逆に荒木先生に質問されたり、荒木先生がお菓子を食べながら「このチョコとポテチの、甘いのとしょっぱいヤツの組み合わせはハマるよね~」と漫画と全然関係ないコメントがあったり(それを載せる方も載せる方だ!(笑))、インタビューと言うより、漫画の描き方をお題にした2人の対談といった内容。



そしてインタビューの次は、大亜門先生によるルポ漫画『LANE BALL RUN』が4ページ掲載! インタビューは無事に終わったものの、内容がマジメ過ぎて面白いルポ漫画が描けない! その時、担当バティ氏の一言から、荒木先生と奥さんまでをも巻き込んだ、ボウリング勝負に発展ッ!? インタビュールポ漫画の趣旨をブッ飛び超えた、濃密勝負に酔いしれろ!!


忘れちゃあいけない、赤マルジャンプの巻頭カラーを飾る作品は、大亜門先生の読み切り作品、「魔法少女しげはる」! いきなりポルナレフの「あ…ありのまま今、起こった事を話すぜ!」から始まるなど、今作でもフイを付くジョジョパロは健在ッ! でも赤マルの常とはいえ、巻頭カラーなのに、表紙では「銀魂」「Dグレ」「リボーン」の隅にちっちゃく描かれてるだけなのがディ・モールト不憫だぞッ!?

大先生の読み切りと、荒木先生インタビュー&ルポ漫画を「読みたい」と心の中で思ったなら、その時スデに、書店またはコンビニに走れッ!
#そして、読者アンケートも出せば、また荒木先生のインタビューや、大先生の連載が読める・か・も?

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • sin

    あははは、いいですね。羨ましい、大亜門先生。
    明日コンビニ寄ってみよ。

  • 詰みにはまった人

    コンビニ!行かずにはいられない!
    ・・・でも今日はもう遅いので明日行って見ますね。
    ディモールト痺れる情報有り難う御座いました(^^