2006年の@JOJO記事総マトメ & 2007年に向けて… 『ジョジョの奇妙な出来事 2006』

シェアする


#追記(01/08):2006年のマトメ、決着ゥゥ――――ッ!!


2006年の@JOJO記事総マトメ & 2007年に向けて
『ジョジョの奇妙な出来事 2006』


ウルジャンへの移籍2年目で、絵柄も面白さも”進化”し続ける『スティール・ボール・ラン』!!



ウルジャンへの移籍から2年目を迎えた『スティール・ボール・ラン』は、毎号61P~63Pの特大ボリュームで掲載され、コミックスも年4冊ペースで発売。掲載位置も常に先頭付近をキープし続けている。また、携帯サイト「集英社マンガカプセル」でも『スティール・ボール・ラン』の配信が開始された

2006年の『SBR』は、明らかに以前よりも『濃密』になった。絵柄は7巻以降から、より写実的な描写が使われるようになり(1巻と10巻の表紙を並べるとかなり違う)、物語も、週刊少年ジャンプでは掲載出来ないハードな描写が盛り込まれ、キャラクターは単純な善悪の範疇を超えた「生き様」を見せつける。特に、コミックス8巻で登場した「リンゴォ・ロードアゲイン」は、これまでラスボスだけが持つとされてきた「時間を操る能力」を操り、公正なる果たし合い、漆黒の意思による殺人、それに勝利する事での精神の成長「男の世界」を説く。リンゴォとの異常なまでの緊張感に包まれた決闘は、その後のキャラクターの成長も含めて、『SBR』という物語の、大きなターニングポイントだったと言えるだろう。

現在ウルジャンは、『SBR』、『皇国の守護者』[AA]、『天上天下』、『銃夢』、『忍空』、『BASTARD!!』などの人気連載陣に、6月号からは『バイオメガ』も加わり、雑誌として非常に読み応えのあるラインナップとなっている。特に『皇国の守護者』は、「2006年の注目のマンガ」としてよく名前が挙げられた。それだけに、ウルジャン自体が相変わらずなかなか見かけない(コンビニにも入荷は殆ど無い)のが悔やまれる。2007年は、ウルジャンの一層の販売拡大にも期待したいところ。

2006年 スティール・ボール・ラン掲載状況まとめ
SBR掲載号 / SBR感想 ページ 掲載順 備考
UJ2月号(1月19日発売) / SBR感想 63P 1
UJ3月号(2月18日発売) / SBR感想 63P 3
ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 7巻(3月3日発売)
UJ4月号(3月18日発売) / SBR感想 63P 2
UJ5月号(4月19日発売) / SBR感想 63P 1 表紙、ピンナップイラスト
ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 8巻(5月2日発売)
UJ6月号(5月19日発売) / SBR感想 63P 2 『SBR』ポストカード
UJ7月号(6月19日発売) / SBR感想 63P 2
UJ8月号(7月19日発売) / SBR感想 61P 1 表紙
UJ9月号(8月19日発売) / SBR感想 47P 1 ピンナップイラスト
ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 9巻(9月4日発売)
UJ10月号(9月19日発売) / SBR感想 51P 3
UJ11月号(10月19日発売) / SBR感想 63P 1
ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 10巻(11月2日発売)
UJ12月号(11月18日発売) / SBR感想 61P 1 コミックス収納BOX
UJ1月号(12月19日発売) / SBR感想 63P 4

※「SBR」コミックス11巻は、2007年3月2日発売予定。

対談、コラボ企画、TV・ラジオ出演、そして講演…、マンガ以外でも大活躍の荒木飛呂彦先生!!

今まで、どちらかというと、「岸辺露伴のようなミステリアスで怖い存在」、というイメージのあった荒木先生。しかし2006年という年は、まるでそんなイメージを自ら打ち破ろうとされているかのように、対談やコラボ企画、TVやラジオへの出演などに積極的に参加、様々なメディアで荒木先生の姿やコメントを見ることができた(毎月61~63Pの連載をこなしながら!!)。この1年で、荒木先生に対するイメージも随分変わったのではないだろうか。

【特別対談】

【コラボレーション】

【TV、ラジオ出演】

【講演】


  • サタデープログラム 荒木飛呂彦講演「漫画家という仕事」
    2006年6月24日、愛知県名古屋市にある東海中学・高等学校で行われた、学校主催のイベント「サタデープログラム」に、荒木飛呂彦先生が講師として参加。生の荒木先生による講演という、これを逃すともう2度と無いかもしれないイベントに、全国からジョジョファンが集結(私も大阪から参加した)、整理券を求める行列は朝8時半の時点で何と800人を超え、最終的には1500人収容の講堂はジョジョファンで満員御礼となった。そして12時45分、荒木先生が登場した瞬間、会場からは割れんばかりの拍手。ペンを持てば会場を揺るがすほどのどよめきが走る。最初から最後まで熱気に包まれたディ・モールト楽しい講演は、時間にして約1時間20分の出来事。それは、荒木ファンにとって、一生涯忘れられない「黄金体験」となった。

【祝賀パーティー】


  • 荒木先生執筆25周年祝賀パーティー文芸ジャンキー・パラダイス
    荒木先生の執筆25周年を記念して、都内某所で開かれた、荒木先生のプライベートな祝賀パーティーに、文芸ジャンキー・パラダイスのカジポン・マルコ・残月さんらが参加、荒木先生と一緒に「ジョジョ立ち」を行った。そのお返しとばかりに、荒木先生も46歳とは思えない、エネルギッシュな『エアギター』を披露した。一ファンがこのような場に招待されるなど、普通、有り得ない事だろう。荒木先生の、ファンを本当に大切にする優しさと、「エアギター」という離れ業までやってのける若さがあるからこそ、『ジョジョ』はこんなにも面白いのだと、言葉でなく心で理解できた、素晴らしい出来事だった。

大亜門、大暴走!!

大亜門先生のギャグマンガ『太臓もて王サーガ』。ジョジョパロがほぼ毎号登場する為(元ネタ解析は太臓もて王サーガ感想の部屋を参照)、「@JOJO」としては、よほどの事でないと取り上げない、と、決めていたのだったが、2006年は「よほど」どころか、「とんでもない事」だらけの一年だった。

まず、ジョジョ6部の「アオリ」ネタや、物議をかもした「文庫版ジョジョ5部のフーゴのセリフ」が登場など、まるでジョジョマニア度を試すかのようなパロディ攻勢。話題は作品の外にも飛び火し、荒木先生宅のパーティに招かれたと巻末コメントで明らかにしたかと思うと、その様子をコミックス2巻の「おまけマンガ」で描くという大暴走。帯には荒木先生からの有り難い応援コメント(?)まで付けられた。その後も、今度は荒木先生にイタリア料理を御馳走になるなど、荒木先生との親密度は増していく。


そして、「赤マルジャンプ」の番外編で、何と、荒木先生との奇跡のコラボが実現コミックス5巻[AA]に収録済!!)、いつもパロディされる側だった荒木先生が、逆に「もて王」キャラのパロディを描くという有り得ない事態に、作者も読者も燃え尽きるほどヒート。そして連載1周年を記念して行われた、「太臟もて王サーガ」第一回キャラクター人気投票は、「登場キャラ以外の投票も認める」と公言していたため、「規格外」な投票の連続(これは次のコミックス6巻に収録されるので、必見!!)。12月に発売されたコミックス5巻では、「荒木先生執筆25周年祝賀パーティー」の様子を描くなど、今や、”絶好調! 誰も亜門を止めることはできない。”といった状態。(細かいネタだが、 NDS『JUMP ULTIMATE STARS』TVCM「時空超越編」では、太臓とディオが夢の競演(?)を果たした)

そんな大先生を応援するのか(それともけん制か?(笑))、荒木先生も『SBR』の作中に、”ダイアモン”の文字を忍ばせるなど、2007年も大先生と荒木先生の「奇妙な友好関係」から目が離せそうにない。ちなみに次の『もて王』6巻は、『SBR』11巻と同じ、2007年3月2日に発売が予定されている。「君は「引力」を信じるか? 人と人の間には「引力」があるということを……」

フィギュアにゲーム、2007は劇場アニメも公開… 広がる『荒木先生執筆25周年記念プロジェクト』

1981年、第20回手塚賞準入選作品『武装ポーカー』(『ゴージャス★アイリン』[AA]収録)でデビューしてから、ちょうど25周年を迎えた2006年は、マンガ以外での『ジョジョ』関連商品が相次いで発表された。特に、PS2用ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』と、2007年2月公開予定の劇場用アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』を中心とした「ファントムブラッド共同プロジェクト」は、荒木先生やお笑い芸人スピードワゴンも登場する大々的な記者発表会が行われ、各種メディアで『ファントムブラッド』の文字が踊った一年だった。

そして、『ジョジョ』20周年を迎える2007年も、2月には劇場用アニメ(特典付き前売り券発売中!!3月にはカードゲームが予定されており、2006年以上の盛り上がりが期待される。

【発売済み】

その他、印象深かった話題など

上で紹介した以外で、当サイトで注目を集めた記事を紹介。


こうして2006年も…………

ほとんどの人々にとって

いつもの年と同じように

あたり前に…

すぎていった

『2006年 完』


そして!

2007年に TO BE CONTINUED…!!

2007年に予定(&期待)されている出来事を紹介ッ!

関連:
  • 『ジョジョの奇妙な出来事2003』
    「ストーンオーシャン」完結、週刊少年「荒木飛呂彦」、パリ個展「JOJO IN PARIS」、「ウルトラジャンプ」、ジョジョ立ち
  • 『ジョジョの奇妙な出来事 2004』
    荒木飛呂彦新連載『スティール・ボール・ラン』、集英社リミックス、ジョジョネタ続々発覚、朝目新聞 & 文芸ジャンキー・パラダイス
  • 『ジョジョの奇妙な出来事 2005』
    『SBR』ウルジャンに移籍、ロゴに『ジョジョの奇妙な冒険 Part7』が追加、荒木飛呂彦の奇妙な交友関係、大亜門「太臓もて王サーガ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

  • 灰色の恋人

    やはり突っ込んだか・・・リンゴォがボスしか使わなかった時を操る力を使ったことを。これはつまりポケモンを作った人が理解してる時間と空間を操る力を持つものが最強という定理に準じて大統領のスタンドが空間を操る力を持つと。(なんか言葉が変ですいません)

  • 川上

    最近のジョジョを見て、なんだか、『スタンド・バイト・ミー』って映画を見てる気分になる。多分、死体捜し、ジョニィが主人公と同じ境遇だからかもしれないし、もしかして、荒木先生が『スタンド・バイ・ミー』を意識して作っているのかも‥ってそれはないか。今月号を見て、やっぱり、ジョジョは最高のマンガだと思う!